TOP / 個人用印鑑 / 会社(法人用)印鑑 / 開運吉相印 / おすすめ印鑑 / ご注文


印鑑について

吉相印の考え方は迷信ではありません。昔からの陰陽学や気の考え方が土台となっています。

 印鑑は自分を表す大切なものです、簡単に考えないで吉相の良い印鑑を作ったら良いと思います。

                          


 運勢の良い人は、考え方が積極的です。反対に運勢が良くない人は否定的な考え方を常にしています。否定的な考えを常にしていると、見えない考えが形を作り不幸を集めてきます、そして時間をかけて相を作っていきます。これが凶相とか悪相とか呼ばれる良くない相です。相には、人相・骨相・手相・家相・墓相・印相とありますが、印相(印鑑)を開運に用いることは理にかなったことと思います。吉相印は相を良くして幸せを集めてきます。吉相印は不思議なもので、これから幸せになる人を探しています。不幸な人は印鑑なんかは何でもいいんだと言って良くない相の印を持とうとします。印鑑を大切にする事は自分とこれからの未来を大切にすることです。良い印鑑を作ってください。                                     




《印鑑の宝樹堂》